ホーム ≫ しみ・そばかすをなんとかしたい!美白効果が期待できるオールインワンジェル

しみ・そばかすをなんとかしたい!美白効果が期待できるオールインワンジェル

シミが気になる

オールインワンジェル(オールインワンゲル)とは、1つのジェルを洗顔後に塗るだけで化粧水、美容液、乳液、化粧下地までの機能をすべてカバーしてくれる、忙しい女性の味方の時短アイテムです。

近年、オールインワンジェルも「手軽さ」だけでなく、+αの効果でより自分の肌質や悩みに合ったものを選べるほど、バリエーションが豊富になっています。

特にこれまで時短アイテム系では手薄だった美白効果が期待できるオールインワンジェルも登場し、シミ、そばかすで悩んでいるけれど肌のお手入れに時間がかけられない…という方の救世主になってくれそうです。

では、シミに効く美白オールインワンゲルとはどんなものなのか、その効果や成分、人気・口コミの高い商品を見ていきましょう。

~ 目次 ~
1.オールインワンジェルでしみ・そばかす予防はできる?
2.しみ・そばかすが気になる肌におすすめのオールインワンジェルの見分け方
3.効果を上げる、オールインワンジェルの使い方・塗り方

1.オールインワンジェルでしみ・そばかす予防はできる?

しみ対策

オールインワンジェルでも、しみ・そばかすを予防する美白効果は期待できます。

従来の化粧水→美容液→乳液の成分に加え、美白有効成分として国に認可されているビタミンC誘導体や、アルブチンなどが配合されているものを選びましょう。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は抗酸化力の高い成分で、日光やストレス等によって生まれてしまったメラニン色素が、シミ・そばかすとして肌に沈着するのを防ぐ効果があります。

ただのビタミンCでなく、「誘導体」を選ぶべき理由は、ビタミンCそのものは非常に壊れやすい成分であるからです。

ビタミンCの前駆体であるビタミンC誘導体という成分は、肌に浸透してからビタミンCへと変化して、その美白力を発揮してくれるので、確実に肌まで届くというメリットがあります。

アルブチンの効果

アルブチンは植物由来成分で、メラニンの合成を行う「チロシナーゼ」という人体の中の 酵素の働きを邪魔して、メラニンを生み出さないことにより、しみ・そばかすの予防効果を発揮してくれます。

つまり、アルブチンがメラニンの生成をなくす・減らす役割、ビタミンC誘導体ができてしまったメラニンを沈着させないようにする役割を担ってくれるのです。

これらが配合されているオールインワンジェルであれば、できてしまったシミをなくすことは難しいですが、これからのしみ・そばかすを予防したり、肌がワントーン明るくなったりする美白効果を期待することは十分にできるといえます。

特に、美白ケアといえば夜の入浴後に念入りに…というのが一般的ですが、オールインワンジェルであれば朝晩の洗顔後に使いますよね。朝から念入りに美白クリームなどを塗るのは、日ごろ美白に気を配っている人でもなかなか行わないと思います。

オールインワンジェルで1日2回の美白ケアができるのは、時短のようで大きなアドバンテージなんです。なので「オールインワンってどれも中途半端でしょ」なんてあなどれませんよ!

2.しみ・そばかすが気になる肌におすすめのオールインワンジェルの見分け方

では続いて、実際にどんなオールインワンジェルを選んでいくとしみ・そばかすに効果的か、チェックポイントを伝授します。

ポイント1 成分をチェック!しみ・そばかす・美白には「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」?

ひとつめは、最重要の、美白効果のある成分が含まれていることです。特に、国の認可を受けた「美白有効成分」配合が明記されているものなら効果もしっかり期待できます。

中でも代表的なのはビタミンC誘導体とアルブチン。国の認可を受けている美白有効成分には、他にも「ハイドロキノン」や「トラネキサム酸」「ルシノール」「4MSK」などがありますが、「使用中は太陽光を浴びてはいけない」など効果が強すぎて日常使いに向いていなかったり、特許や価格の問題で簡単にオールインワンジェルに配合しにくいといった事情があり、あまりオールインワンジェルへの配合は見られないのが現状です。

ビタミンC誘導体とアルブチンは安全性・効果・コストのバランスが非常によく、配合しやすい成分として、活躍しています。ぜひ、この成分が配合されているものを選びましょう。

他には、美白に効果のある成分と言えば、次の約20成分が代表的です(あいうえお順)。

アルブチン、アンダーシールダー、安定型ビタミンC誘導体、エナジーシグナルAMP、エラグ酸、カモミラET、グラブリジン、コウジ酸、ソフニングリリーサー、ディフェンスバイタライザー、トラネキサム酸、ニコチン酸アミド、ハイドロキノン、ビタミンC、ビタミンCエチル、ビタミンC誘導体、白蓮果® HA、プラセンタエキス、マグノリグナン、4MSK、リノール酸S、ルシノール

これらの成分を含むジェルを選ぶのが、美白の第一のポイントです。

ポイント2 敏感肌の人は、保湿力の高さをチェック!

2つ目は、肌質に合った保湿度のものを選ぶことです。

美白成分はメラニン色素に対して沈着を防ぐ、肌のターンオーバーを促してメラニンを排出してくれる、メラニンをそもそも作らせないなど、さまざまなメカニズムによってしみ・しばかすを予防・改善してくれますが、肌に対してはデメリットもあります。

それは、美白系成分は乾燥しやすいという点です。特に美白成分は敏感肌の人にとっては刺激となり、かぶれや沁みるとったトラブルが起きてしまう場合があります。なのでパッチテストなどを行ってから購入するのがもっとも無難ですが、毎回それができるとは限りません。

なので商品選びの際にあらかじめ、保湿力にどれくらい力を入れているジェルなのかを確認しましょう。

オールインワンゲルにも、さっぱり仕上げてあるオイリー肌向けや、保湿力を高めてある乾燥肌向け、しわ予防成分入りのエイジング肌向けなど、ラインナップが増えています。

敏感肌の人は、保湿力の高いものを使い続けるだけで、乾燥した部分から入り込んでくるダメージが減って、だんだん肌が安定してきます。その状態でなら美白成分をプラスしても刺激になって続けられないという心配がかなり軽減されますので、保湿力はしっかりチェックすべきです。

ポイント4 大人ニキビができやすい人はさっぱり&高保湿のジェルがおすすめ

生理前やストレス、食生活などでニキビや吹き出物のできやすい方は、油分で膜を作って保湿するタイプのオールインワンゲルは不向きです。

「さっぱり、さらりとしたテクスチャー」「肌荒れを防ぐ」「ニキビ肌向け」などのすすめ方をしているオールインワンゲルを選ぶと安心。

せっかく美白成分が入っているオールインワンジェルを使っても、ニキビや吹き出物にはなるべく刺激を与えない方が早く治ります。自分の肌質をしっかり把握し、それに合ったケアを肌を安定させること自体にも美白効果がありますので、人気だから、口コミがいいからといった理由だけで選ばないのが、自分に合ったオールインワンジェルとの出会いの近道ですよ!

ポイント5 続けやすさ・購入しやすさ

最後のポイントは、全肌質・全年齢の方すべてに向けてのポイントです。それは、続けやすいかという点です。

理由は、美白には終わりがないからです。しみ・そばかすができるのを防ぐためのUVケアや、オールインワンジェル等でのケアは、毎朝毎晩続けることが必要です。何かを治す薬のように、治ればおしまい、とはいかないのが美白の悩みの種ですね。

高い美白美容液やクリームを買っても、結局ちまちまとしか使えず効果が現れなかったり、2本目のリピート予算が出せずプチプラに戻ってしまったり…という経験をお持ちの方も多いことと思います。

その点、オールインワンゲルのいいところは、多少値が張ってもそれ1つですべてのケアが完結してしまうことにあります。時短なだけでなく、コスパもいいのです。

それでも、「やっぱり高いから次は美白機能なしのオールインワンに戻そう」となっては、せっかく1瓶分続けてきたしみ・そばかす予防効果が台無しに…。そうならないために、使い続けるために「自分が楽」な商品を選ぶことがとても大切です。

なので、払い続けられる価格であることや、通販で買える、定期便があってお得になる、ポイントが溜まるなど、続けやすさに配慮されているメーカーを選ぶといいでしょう。

3.効果を上げる、オールインワンジェルの使い方・塗り方

手軽さが魅力のオールインワンジェル、少しの工夫で効果を上げることができるのです。ほんのひと手間・ちょっとの意識で効果アップは嬉しいですよね。次の点を意識しながら、ぜひ使ってみてください。

1. 惜しみなくたっぷりと使う!

オールインワンジェルの魅力は何といってもそのコスパのよさにあります。乾燥が気になるところには重ね塗りをしたり、パックのように厚めに塗り重ねてしばらく置いてからティッシュオフをしたりすると、モチモチ感がアップしますよ。

さらに、年々年齢の現れてくるデコルテや手の甲など、シミの出やすい部分にも塗ってから寝れば、その積み重ねが必ず数年後に成果となって現れてきます。

2. 毛穴が気になる方は冷蔵庫で冷やしておくと毛穴引き締め効果も!

小鼻やほほの毛穴の開きが気になる方には、洗顔後に、冷蔵庫で冷やしたオールインワンジェルを塗れば、冷たさで毛穴がきゅっと引き締まります。毛穴を目立たなくする効果があるだけでなく、塗った成分を毛穴が閉じ込めてしっかりキープしてくれるのもうれしいポイントです。

3. もし保湿力に不安があるときは、オールインワンジェルの後にクリーム・オイルを加える

乾燥肌の人や、冬場はオールインワンだけではちょっと不安…という方は、オールインワンジェルと合わせて保湿クリームなどを加えたくなりますよね。その場合は、まずオールインワン、それからクリーム等油分の多いもの、の順番を守ってくださいね。

オールインワンジェルは化粧水→美容液→乳液までの機能をもつものが多いです。ですので、それがしっかり肌に入ったあとに、最後にフタをする意味で、クリームなどで仕上げをしてくださいね。

特に乾燥はしみ・そばかすの大敵!意外なようですが、乾燥肌はしみ・そばかすができやすいんです。肌のバリア機能が落ちていると、そのダメージ部分を守ろうとして肌がメラニンをどんどん生成し、しみそばかすを作り出していきます。

まとめ

しみ、そばかすが気になる方におすすめのオールインワンジェルとその選び方、使い方をご紹介しました。手軽にたっぷり惜しみなく、朝晩2回美白のチャンスがあるところが、美白オールインワンジェルの大きなアドバンテージです。

信頼できるものを選んでじっくり続けてみてください。